「ニッキ」なのに、月刊とは如何なものか。
月刊 カツ ノ ニッキ。
音楽な1年。
2010年 12月 31日 (金) 13:51 | 編集
今年は最低でも月イチでライブに行くっていう目標を密かに立ててたんですが、
無事、達成できました。
ちなみに、月ごとの本数はこんな感じ。
1月:3本
2月:2本
3月:2本
4月:5本
5月;2本
6月:2本
7月:4本
8月:3本
9月:6本
10月:3本
11月:2本
12月:4本
フェスは日数換算で、同じフェスでも2日間行ってたりすると2本ってしました。
でまぁ、結局、月イチどころではなくなってるっていうね(笑)

やっぱり、生で音を楽しむのって大事。
耳で聴くというよりは、体で聴くっていうか。
半分くらいクラブイベントだから、それは生とは言えないかもしれないけど、
それでも大音量で全身に音を浴びる感覚というのは、すごく非現実的で。
そして、周りもみんな目的は似たり寄ったりの知らない人が集まってて。
そんな空間で同じものを見て、楽しくなったり、みんなではしゃいだり、
ときには悲しくなったりとかもあったり、さらには涙するほど感動したり。

もはや、俺にとって、音楽は救いであって、娯楽なんかではなく体の一部レベルで、
自分を構成する重大要素になってるのは凄く実感した1年だったような気がする。
音楽を通じて、すごく大きな出会いがあったり、ちょっとだけ自分が変われたり、
音楽に対する感謝、その音楽を提供してくれるアーティストに対する感謝。
そして、何かその感謝を返したいのに、返す方法が思いつかないもどかしさ。
だから、DJなんかを始めてみて、せめてこの音楽の楽しさとかその他いろんなものを
周りの人に少しでも伝えていけたらいいなと、そんな風に思う。
微力かもしれないけれど、少しずつ。

あと、昨日のRadio Crazyでサカナクションの山口さんが言ってたけど、
「来年は今年以上に音楽を愛してください」
っていう、まさにそんな2011年になればいいなと思う。

1ヶ月くらい前から少しずつ書き足して書き足してってしていた日記なのに、
なんか全然まとまってないけれど、まぁあまりまとまっててもなってのもあるし、
そのまま投下して、2010年最後の日記にしようと思います。
copyright (C) 月刊 カツ ノ ニッキ。 all rights reserved.
designed by polepole...